【生え際発毛対策】産毛を濃く20代30代からの薄毛後退を阻止!

Pocket

生え際発毛@はげ薄毛の後退対策!産毛を濃くする育毛剤で改善

生え際薄毛の2つの種類@前頭部薄毛が進行する理由とは

生え際薄毛の2つの種類@前頭部薄毛が進行する理由とは

M字型とU字型に進行する生え際はげ

生え際薄毛はその名の通り前頭部のおでこと髪の毛の境目である生え際が、頭頂部に向けて後退していく薄毛です。
そしてその進行の具合によってM字型、U字型と2種類のタイプに分けられています。


まずはM字型についてです。
M字型というのは生え際の薄毛の一つのパターンですが、特徴としては生え際の両サイドがこめかみに向かって剃り込みを入れるように禿げあがっていくことが挙げられます。俗に言うM字ハゲです。
このM字型の薄毛が進行していく様子を頭上から見ると、あたかもM字を描いているように見えることからM字型という名前が付けられました。代表的な生え際ハゲの形でもあります。


これに対してもう一つの生え際の薄毛のパターンがU字型になります。
U字型の場合はこめかみに向かってハゲが進行していくのではなく、生え際が全体的に後退していくということが挙げられます。普段からオールバックの髪型にする事が多いという事は、髪の毛が常に引っ張られている状態になってしまうため、髪の毛が弱りこのU字型になってしまうという人も多いです。

これらはどちらとも髪の毛が一気に抜けるというよりは、生え際の髪の毛が段々と細く短くなっていくという進行の仕方をしていくので、非常に気づきにくいと言った特徴があります。

生え際薄毛が進行してしまう理由

上記で紹介したようなM字型の生え際はげやU字型の生え際はげについては男性の場合、男性型脱毛症、通称AGAという症状がその原因になっていると言われるケースが多くみられます。
そんなAGAを起こす引き金となる5αリダクターゼ、そして生え際薄毛の場合は頭皮の血行不良といった問題がさらにその薄毛症状を深刻なものにしているケースも多くみられます。

薄毛の進行は5αリダクターゼが原因


薄毛の原因を語るときに出てくることが多いのがこの5αリダクターゼ。
一体これは何なのかと言うと、男性ホルモンと頭皮の生え際付近に存在している5αリダクターゼが結びつくと、超強力な男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が発生してしまい、このDHTは髪の毛に脱毛指令を与えてヘアサイクルを短くしてしまうので、どんどん細く短い髪の毛にしか育たなくなっていってしまうのです。

上述の通り5αリダクターゼは生え際付近に多く存在しているため、生え際薄毛へと繋がってしまいます。

薄毛の進行は頭皮の血行不良が原因
血液というのは人間の身体の全身に栄養素を届ける役割を果たしていますが、血行が悪化するともちろん栄養の行き渡る量が減ってしまいます。
特に頭皮は血液を循環させる役割を果たす心臓よりも高い位置、それも身体の頂点にあるので、ただでさえ栄養が行き渡りづらい場所です。
それにより頭皮の栄養状態はどんどん悪化して、十分な栄養が供給されないまま、髪の毛を作る細胞が髪の毛を生成することになってしまうので、結果として、十分に育ち切る事ができない細く弱い髪の毛が増えてきてしまうのです。

そこまで髪の毛が弱ってしまう前に、頭皮の環境を整えて髪の毛が育ちやすい環境にしてくれる商品には育毛剤があります。一刻も早く生え際薄毛を止めたいという方はこちらの育毛剤ランキングも参考にしてください。
>>@男性用育毛剤ランキング@おすすめ人気メンズ育毛剤!効果口コミ有

現代の若者に生え際ハゲ・薄毛が増えてきた4つの理由


ひと昔前と比較すると、現在の若者には生え際のハゲに悩む人が多くなってきています。
若者に生え際のハゲが増えてきた理由としては主に4つの原因が考えられます。


食生活の乱れについては生え際のハゲに直結する原因になります。
近年食の欧米化が進み、脂っこい食べ物であったりファーストフードを口にする事が多くなりましたがそういった食事が多くなると頭皮に存在する皮脂の数が多くなり頭皮環境が悪化してしまいます

そもそも食事から育毛に必要な栄養素をしっかりと摂取していなければ、髪の毛を生成することが出来ず、薄毛症状が進行していくのは当然の結果です。



運動不足の若者が増えているということも若者の生え際ハゲの増加に一役買っています。
運動と薄毛というのは一見何の関係も無いように思えるかもしれませんが、そうではありません。運動には育毛を考えた時にさまざまなメリットがあることが分かっており、生え際ハゲの改善のために運動を行うことには3つのメリットが考えられます。

まず、運動を行うことにより体内の血流が改善され、頭皮の血行が良くなること。次に、後述する薄毛の原因になるストレスを運動を通して解消することが出来ること。そして、運動して汗をかくことにより、DHTを体外に汗と一緒に排出することが出来ること。

この3つが生え際ハゲの改善のために運動をするメリットになっています。
したがって運動不足により、このようなメリットを受けることが出来なくなり、結果的に生え際ハゲが進行する結果になります。


近年はすっかりインターネット社会となり、パソコンやスマートフォンに触れる機会が増えていますが、そこで気を付けなくてはならないのが眼の疲れです。
長時間パソコンやスマホの画面を見続けると眼の筋肉が疲れ凝り固まってしまうのですが、眼の筋肉は生え際付近に存在しているため、眼の疲れが生え際の血行不良に繋がってしまうのです。



最後にストレスの問題です。ストレスというのは人間が生きていく上で避けては通れないものです。
ただ、近年は若者を取り巻く仕事環境などの悪化もあり、若い世代が感じるストレスが昔よりも増加していると言われています。

人間の体がストレスを感じると交感神経という神経の働きが強くなり体に緊張状態を引き起こし、これにより血管も収縮することになり全身の血行が悪化します。
この血行の悪化により、髪の毛を作る毛母細胞への栄養の供給が滞るようになるので、結果的に生え際ハゲを進行させてしまうことにつながります。

生え際脱毛対策の注意点

DHT、血行同時に対策しなくてはならない

薄毛を改善する際に大切なのは、原因に対していかに正しい対策をとるかです。
最初に説明したように生え際脱毛の進行する理由は5αリダクターゼの働きによるDHTの発生と、血行不良によるものが大きいですが、これをどちらか片方対策したからと言って生え際脱毛が治るというわけではありません。
DHTを抑えて抜け毛を抑制したとしても血行が悪ければ強い髪の毛は育ちませんし、逆に血行が良く強い髪が育つ環境があったとしてもDHTの力ですぐに弱い髪になってしまいます。

生え際ハゲが少しでも確認できたら対策を始める

生え際ハゲについては男性ホルモンの働きも関係しているので、放っておくと男性ホルモンの働きによって、どんどん髪の毛をつくる細胞の働きが弱っていきます。
最終的には髪の毛をつくる働きを完全に停止してしまう細胞も増えてきて、この段階になると、投薬などの働きがないと、対処をするのが厳しくなってきてしまうのです。
そのためこの段階に到達する前に、「少し生え際が気になり始めたな?」という段階から対策をしておくことで、将来の薄毛防止にもつながります。

生え際の効果的な薄毛対策は?

生え際薄毛対策には生活習慣の改善が必要


生活習慣の乱れが生え際薄毛にかなりの悪影響を与えてしまうという事を説明してきましたが、それは主に頭皮環境の悪化につながり、髪の毛がのびのびと育ちづらい環境になってしまうからです。
畑と同様に考えるとわかりやすいかもしれません。害虫が多く水分が少なくてカチカチになってしまってる荒れ果てた畑では作物が育たないように、環境の乱れた頭皮では髪の毛が育ちません。
そこで薄毛対策の第一歩として、生活習慣を整えて髪の毛の土台となる頭皮を綺麗に保つことを目的としましょう。


私たちが普段頭皮を綺麗にするためにやっている事と言えば、入浴をした際のシャンプーがありますよね。
毎日しっかりシャンプーをするというのは大前提、それを踏まえたうえでただなんとなくシャンプーをするのではなく、少し意識を変えてみる事で頭皮環境の改善にも役立つんです。

普通、シャンプーをするというと「髪の毛」を洗うという事を意識している人が多いと思います。確かにそれは重要なのですが、それを「頭皮」を洗うという事に意識を重視してみるとどうでしょう。力強くガシガシ爪を立ててこするのではなく、いつもより少し時間をかけて指の腹で優しく頭皮を揉むように洗う事で頭皮の汚れが浮き出てしっかりと頭皮を洗浄することができます。

また、通常のシャンプーでは頭皮への刺激が少し強めに作られていることもあるので、「育毛シャンプー」を利用してみるとその効果はさらに増すでしょう。

こちらに人気の育毛シャンプーランキングをまとめてますので是非ご覧ください。

生え際薄毛対策には育毛剤が効果的

育毛サロンなどに通う事で頭皮への施術、医薬品の投薬などで治療を進めるという方法もありますが、コストが非常に高く、薬品に関しては副作用などのリスクもあるので最終手段だと考えましょう。
そこで役に立ってくれるのが育毛剤。現在世の中には様々な育毛剤が販売されていますが、その中には頭皮の血行改善や5αリダクターゼを阻害できるというものもあるんです。それに育毛サロンに通う事に比べてコストがかからず、副作用なども無いことも魅力です。

ただしそれはあくまでも良い育毛剤を選んだ場合です。

残念なことに中には血行と5αリダクターゼの阻害が片方しかできないものや、どれだけ使っても全く効果が無いような育毛剤があるため、薄毛の原因に対して幅広く対策していけるようなものを選ぶ必要があります。

そんな方のために、生え際対策におすすめの育毛剤を次の章から紹介していきます!

生え際発毛改善におススメの育毛剤は?

■生え際改善にはCHAPUP(チャップアップ)が効果的


生え際ハゲ改善におすすめの育毛剤はCHAPUP(チャップアップ)になります。
このCHAPUP(チャップアップ)は5αリダクターゼを抑える効果も強く、AGAクリニックような専門治療機関で使われているミノキシジルと同等の発毛効果があるとされる「M-034」という成分が海藻エキスという名称で配合されています。

上記でも説明したように生え際ハゲにはジヒドロテストステロンを作り出してしまう5αリダクターゼの働きと、血行が強く影響しています。
したがって、生え際ハゲの改善を考えるなら、CHAPUP(チャップアップ)をぜひ使ってみることをおすすめします。

■CHAPUP(チャップアップ)が効果的な理由
生え際ハゲ改善を考えた時、数多くの育毛剤の中からなぜCHAPUP(チャップアップ)をおすすめするのか、その理由は下記の5つになります。

○配合成分の数が80種類以上
〇血行促進作用のあるM-034を配合している
〇頭皮の炎症を防ぐ成分が配合されている
〇5αリダクターゼを阻害する成分が配合されている
〇頭皮の硬化を防ぐ成分が配合されている

CHAPUP(チャップアップ)の80種類超えという成分数は育毛剤の中でもトップクラスです。
成分数がそれだけ多いという事は幅広い薄毛の症状に対応できるという事であり、血行不良が原因で陥ることの多い生え際の薄毛にももちろん対応可能です。
中でも注目すべきは血行促進効果のあるM-034、そして5αリダクターゼを阻害することのできる成分、そして頭皮が凝り固まる糖化を防ぐ成分たちです。

・血行促進効果のあるM-034
このM-034という育毛剤はミツイシコンブと言われる海藻が原料になっており、頭皮の血行促進効果を持つ体に優しい育毛成分として知られています。
ミノキシジルという有名な発毛成分に近い効果を持つと言われており、そのミノキシジルで懸念されていた副作用の問題が解消されているため、安心して利用のできる成分です。CHAPUP(チャップアップ)には海藻エキスという名称で配合されています。

・5αリダクターゼを阻害する成分たち
生え際を薄毛を改善するのであれば、もちろん5αリダクターゼへの対応も必要です。
よくあるタイプの育毛剤だとオウゴンエキスという5αリダクターゼ阻害の定番成分を配合しているというだけの物が多いのですが、CHAPUP(チャップアップ)ではそれに加えて、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキスと言った4つの成分で5αリダクターゼを阻害していく事ができるので、薄毛に対して高い効果を発揮します。

・頭皮の硬化を防ぐ成分たち
頭皮が凝り固まってしまう「糖化」という現象が起きてしまうと、血行不良が発生してしまうため、ウメ果実エキス、チンピエキス、マロニエエキスを配合して頭皮に弾力性を与え、硬化を改善していきます。

CHAPUP(チャップアップ)については1日2回朝と夜に使用することになり、1回の使用で30プッシュ、頭皮にまんべんなく塗布します。
そして塗布したあとはそれをマッサージしながら頭皮全体になじませるように広げていくことが大切です。

また、使う際には注意したいポイントが3つあります。それが下記の3点です。

使用上3つの注意点
①お風呂上りに使用する
②使用前にシャンプーをしておく
③髪を乾かしてから使用する

まず、お風呂上りに使用すること。お風呂上りの血行が良くなっている状態の方がCHAPUP(チャップアップ)の効力が発揮されやすくなります。

また、使用前にはしっかりとシャンプーをして頭皮の汚れを取っておくことが大切です。加えて、髪の毛が濡れたままだと細菌が繁殖して抜け毛の原因になります。したがって、しっかりと髪を乾かしてからCHAPUP(チャップアップ)を頭皮に塗布するようにしましょう。

生え際発毛@はげ薄毛の後退対策!産毛を濃くする育毛剤で改善まとめ

生え際薄毛については、頭皮の血行不良と強力な男性ホルモンDHTを作り出す5αリダクターゼの働きが強く影響していることもあるので生活習慣、主に血行の改善と併せて、5αリダクターゼの働きを抑える育毛剤を利用することが必須になります。

そこで間違ってはいけないのが、育毛剤の選び方です。せっかくお金をかけて対策しようと思ったのに全く効果が無いものを掴まされてしまったとなったら、お金が無駄ですし何よりショックですよね。
そう言った時におすすめできるのが、幅広い薄毛の症状に対処できるCHAPUP(チャップアップ)です。

5αリダクターゼの阻害と血行不良の改善、そして頭皮環境の改善もできるので、まさに生え際の薄毛に狙い撃ちしたかのような効果を発揮してくれます。
基本的に育毛剤は3か月以上の利用で効果を発揮してくれるのですが、CHAPUP(チャップアップ)は育毛サプリと一緒で9000円台と非常にお得なので、生え際の薄毛が気になり始めた方はぜひ試してみて下さい。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ