赤ちゃんのための葉酸サプリ

私は今二か月の娘がいます。

まだまだ赤ちゃんなのです。

赤ちゃんのために飲まないといけないものがありますよと、私は産婦人科で言われました。

とても良くしてくれた看護師さんが、葉酸サプリをすすめてくれたのです。

初めて見ました。

葉酸サプリは妊娠中から飲んでいる人も多いのです。

そして妊娠以外での目的で飲んでいる人も多いのです。

それは冷え性改善や、美肌のためにです。

でも私は違います。

私は看護師さんから教わったように、母乳を出すために葉酸サプリを飲もうと思います。

絶対におすすめと言われて、この葉酸サプリを飲んでいるのです。

全部赤ちゃんのためなのです。

赤ちゃんのために母乳を出して、赤ちゃんの栄養のためにしているのです。

こんなにも簡単に母乳って出るものなのです。

姉は良い母乳のために、とても痛そうなおっぱいマッサージをしていました。

それを見ていても、嫌だなって思っていたのです。

でももう安心です。

もちろんおっぱいマッサージもしないといけませんが、母乳はちゃんと出るのです。

葉酸サプリのおかげで、しっかりと出るのです。

いつまでもずっと赤ちゃんの笑顔を守るためにも、私はこの葉酸サプリを母乳をあげている間だけは飲み続けようと思っています。
参考商品:https://eco-ap.jp/

ほうれん草七束分を効率的に葉酸サプリで摂取

妊娠中にはちょっとして食べ物にも気を使いますが、子供の神経系の障害リスクを減らすために葉酸の摂取が大事だということも徐々に浸透しています。

妊娠中や妊活中の方にはもはや常識となっている葉酸ですが、主にほうれん草やブロッコリーなどに多く含まれるビタミンB群の一種です。

妊娠中以外にも重要な栄養素ですが、普段の推奨摂取量が200μg程度なのに対し、妊娠中には倍の400μgの摂取が望ましいとされています。

こうした400μgという葉酸をほうれん草からのみ摂取しようと思えば、およそ七束分のほうれん草を食べる必要があります。

普通の食生活では現実的ではない数値ですが、さらに葉酸は熱に弱いので調理過程で多くが破壊されてしまいます。

このように食品からの摂取が困難な葉酸ですが、最近では多くの妊娠中の方が葉酸サプリを利用して葉酸を摂取しています。

妊婦の方にはもはや定番の葉酸サプリですが、中々食生活からの摂取が困難な葉酸をサプリで効率的に取り入れることが出来るので、健康な出産のためにも重要なものになっています。

こうしたサプリはもちろん普段の食生活も大事なのですが、妊娠中に大量に必要となる葉酸をカバーするためにも、ぜひ葉酸サプリで効率的に摂取を行ってください。