葉酸サプリの上手な摂取方法

錠剤型の葉酸サプリは、飲みやすくはできていますが無味無臭というレベルではありません。

各メーカーによって多少の違いはありますが、ひとたびパッケージを開けたなら、野菜由来の青臭さがサプリメントの形となってもしっかり残っていることがわかるでしょう。

良薬口に苦しというように、見かけこそシンプルなラムネのように見えても、葉酸サプリメントはお菓子ではなく薬の類に属するものなのです。

豊富に葉酸が含まれているものほど、臭いや味がしっかりとそれを主張する傾向にあるので、飲みづらい味があるのなら飲みやすいサプリメントを選んでいけばいいのだということには、残念ながらなりません。

行うべきは味が好みのサプリメントを探すことではなく、飲みにくいと感じるサプリメントを快適に飲める方法を探すことにあります。

キーになるのはたっぷりの水です。

錠剤を口に含んだあとに水を飲むという方も多いかと思いますが、葉酸サプリを対象にしたときには、先に水をふくんでおくのが無難です。

その後粒状の葉酸サプリを、口の周りに触れないようにつまんで落とし、間髪なく水で飲み下して下さい。

鼻をつまむことで、さらに臭いを感じることもなく上手な摂取ができます。

服用するべき錠剤の数は色々でしょうが、なるべく少ない数で挑むのがコツです。

小粒の葉酸サプリでつわり中も安心

妊娠中なので葉酸サプリを飲んでいますが、葉酸サプリの効果って色々あるんだなとわかりました。

胎児の奇形の予防になることはわかっていたのですが、認知症や動脈硬化の予防だったり、貧血や流産の予防にもなると聞いて、葉酸サプリってすごいサプリなんだなと思いました。

何も知らずに飲まないで、このような効果があることがわかって良かったです。

私のためにも、赤ちゃんのためにも良い葉酸サプリってすごいですよね。

私はつわりがひどいので、少しご飯を食べた後に葉酸サプリを飲むようにしています。

すぐに胃が痛くなるんですよね。

早く安定期に入ってつわりがおさまってくれることを祈っています。

つわりって想像以上に辛いです。

先日点滴を受けました。

つわりが軽くなると聞いたのですが、あまり軽くならないので辛いです。

でも赤ちゃんを無事に出産したいので、葉酸サプリだけは必ず飲んでいます。

あまり食事もとれないのに、葉酸サプリのおかげで肌がもちもち状態になっています。

もし葉酸サプリを飲んでいなかったら、もっと体の調子が悪くなっていたと思うんです。

つわり中でも飲める小粒の葉酸サプリを飲むようにしました。

妊娠初期から飲むものなので、小粒の葉酸サプリを選んで良かったです。


赤ちゃんのための葉酸サプリ

私は今二か月の娘がいます。

まだまだ赤ちゃんなのです。

赤ちゃんのために飲まないといけないものがありますよと、私は産婦人科で言われました。

とても良くしてくれた看護師さんが、葉酸サプリをすすめてくれたのです。

初めて見ました。

葉酸サプリは妊娠中から飲んでいる人も多いのです。

そして妊娠以外での目的で飲んでいる人も多いのです。

それは冷え性改善や、美肌のためにです。

でも私は違います。

私は看護師さんから教わったように、母乳を出すために葉酸サプリを飲もうと思います。

絶対におすすめと言われて、この葉酸サプリを飲んでいるのです。

全部赤ちゃんのためなのです。

赤ちゃんのために母乳を出して、赤ちゃんの栄養のためにしているのです。

こんなにも簡単に母乳って出るものなのです。

姉は良い母乳のために、とても痛そうなおっぱいマッサージをしていました。

それを見ていても、嫌だなって思っていたのです。

でももう安心です。

もちろんおっぱいマッサージもしないといけませんが、母乳はちゃんと出るのです。

葉酸サプリのおかげで、しっかりと出るのです。

いつまでもずっと赤ちゃんの笑顔を守るためにも、私はこの葉酸サプリを母乳をあげている間だけは飲み続けようと思っています。
参考商品:https://eco-ap.jp/

ほうれん草七束分を効率的に葉酸サプリで摂取

妊娠中にはちょっとして食べ物にも気を使いますが、子供の神経系の障害リスクを減らすために葉酸の摂取が大事だということも徐々に浸透しています。

妊娠中や妊活中の方にはもはや常識となっている葉酸ですが、主にほうれん草やブロッコリーなどに多く含まれるビタミンB群の一種です。

妊娠中以外にも重要な栄養素ですが、普段の推奨摂取量が200μg程度なのに対し、妊娠中には倍の400μgの摂取が望ましいとされています。

こうした400μgという葉酸をほうれん草からのみ摂取しようと思えば、およそ七束分のほうれん草を食べる必要があります。

普通の食生活では現実的ではない数値ですが、さらに葉酸は熱に弱いので調理過程で多くが破壊されてしまいます。

このように食品からの摂取が困難な葉酸ですが、最近では多くの妊娠中の方が葉酸サプリを利用して葉酸を摂取しています。

妊婦の方にはもはや定番の葉酸サプリですが、中々食生活からの摂取が困難な葉酸をサプリで効率的に取り入れることが出来るので、健康な出産のためにも重要なものになっています。

こうしたサプリはもちろん普段の食生活も大事なのですが、妊娠中に大量に必要となる葉酸をカバーするためにも、ぜひ葉酸サプリで効率的に摂取を行ってください。


貧血に対しても効果が見込める葉酸サプリ

葉酸サプリは、主に妊活の為に用いられます。

なかなか子宝に恵まれないので、それを解消する為にサプリが購入されるケースもしばしばある訳ですね。

ところでそのサプリメントは、実は貧血とも大きな関係があります。

なぜならその症状が、上記のサプリによって解消されている事例も見られるからです。

と言うのも昨年の9月の話なのですが、ある女性の方が葉酸サプリメントを購入しています。

ただその方の場合は、別に妊娠をしていた訳でもありません。

また出産する予定もなかったのですね。

と言うのもその方の場合は、1ヶ月に1回くらいの頻度で貧血になってしまっていました。

それで時にはフラフラしてしまう事も多かったようなので、それを何とかしたいと常日頃から考えていたのですね。

ところがその方が葉酸サプリメントを摂取するようになってからは、その貧血に関する問題点も大きく解消されたのだそうです。

今までは出金の電車も非常に辛かったのですが、それも大きく解消されているので、とても喜んでいらっしゃったのですね。

すなわち、それが葉酸サプリのメリットの1つです。

妊活だけでなく貧血などにも大きな効果が発揮される事があるのは、何とも意外な特徴の1つと言えるでしょう。

美容と健康に効果的な葉酸サプリ

葉酸といえば、妊活、また妊娠中に必要な栄養素として世間に広く知られているでしょう。

しかし、葉酸は特に妊娠中に必要な要素ではなく、全女性に有効な栄養素だそうです。

まず、葉酸は美肌を作るのに効果的です。

葉酸にはビタミンBが多く含まれていますが、また、赤血球の生成を助けているそうです。

すると新陳代謝が良くなり、女性のお肌もすっきり綺麗になる効果があるといいます。

また、赤血球が不足すると、体がだるくなったり、貧血の症状も起こりやすくなりますから、葉酸を摂取することで健康にも寄与するといえますね。

こんな風に、葉酸は女性全員に有効な栄養と言えますが、それを含む食品を毎日摂取するとなると大変です。

ほうれん草、レバー、大豆など、食べなくてはいけないと分かっていても、好き嫌いもあるし、お値段だって安くはありません。

そんな時に重宝するのが、気軽に買って飲むことのできるサプリメントです。

現在は、各メーカーからお手頃な価格で葉酸サプリが販売されています。

薬局はもちろん、通販でも買うことができるので、お気に入りのサプリメントを見つければ、毎日気軽に葉酸を摂取することができます。

葉酸は妊娠前・妊娠中に限らず、女性が飲み続けるのに適したサプリメントです。

試しに始めて、違いを実感するのも良いのではないでしょうか。


葉酸サプリで便秘も解消できます

おなかに赤ちゃんがいることで腹部がかなり圧迫されますし、腸にも負担がかかってしまうことで便秘を起こしやすくなってしまいます。

妊娠前は便秘知らずだったかたでも、妊娠時には排便が困難になることで辛い思いをしてしまうというケースがよく見られるものです。

便秘の原因はさまざまあるのですが、妊婦さんは特に腸が圧迫されると共に運動不足になってしまったり、水分不足を起こしやすくなることで悪化しやすくなります。

ただでさえ重たいお腹が便秘によってさらに張って辛い状態になってしまいますが、だからと言って安易に下剤や便秘解消薬には頼ることもできません。

産婦人科で便秘解消のための薬は処方されますが、葉酸サプリを飲むことでそんな便秘の症状もかなり軽減しますので、お薬に頼るよりもおすすめです。

葉酸自体妊婦さんの必須栄養素ですので、一日の摂取量をきちんと摂ることで便秘も一緒に解消できれば嬉しいものです。

体の中に便が溜まってしまうと、毒素の影響で肌荒れも起こしやすくなります。

葉酸サプリの中にはビタミンがたっぷりと含まれていますので、便秘解消と同時に肌荒れ解消効果も期待ができます。

一石二鳥にも三鳥にもなる葉酸サプリを試してみてください。

種類の多い葉酸サプリ

葉酸サプリには、多くの種類があるため、なかなか適切なものを選ぶことができません。

何に気をつけて葉酸サプリを選べばよいか、しっかりと考えるようにする必要があります。

最も気をつけなければならない点としては、価格が安いかどうかで選ばないようにすることが挙げられます。

価格に惑わされてしまうと、良質な葉酸サプリを見つけることができなくなってしまうのです。

配合されている成分が何なのか、という点を意識して葉酸サプリを探すことが大切です。

また、信頼できるメーカーなのかどうかをチェックすることも欠かせません。

品質の高いサプリメントは、相応の価格で販売されているものなのです。

安く済ませようとしていると、品質の悪い葉酸サプリを買ってしまう可能性があります。

口コミなどの情報も参考にしながら、じっくりと探すことが重要です。

葉酸サプリを選ぶ上での失敗を防ぐためには、いろいろな葉酸サプリを試してみることがポイントになります。

どの商品が自分に合うかというのは、実際に飲んでみなければ分からないものです。

また、ある程度の期間は飲み続けるようにすることも必要です。

短期間で具体的な効果が出てくることはほとんどないため、注意しなければなりません。


妊娠前から葉酸サプリを飲もう

母子手帳には葉酸の摂取に気をつけましょうといったことがかかれています。

母子手帳をもらった方なら記載されている内容を見て葉酸摂取に気をつけると思いますが、妊娠前の方は葉酸摂取の重要性を感じておらず、葉酸を摂取していないことがあります。

葉酸は妊婦にとって大切な栄養素ですが、妊娠前の女性にとっても大切な栄養素です。

不足しないように葉酸サプリで妊娠前からとっておく必要があります。

葉酸はDNAの合成に必要な栄養で、細胞分裂を活発にする胎児はたくさんの葉酸を必要としています。

胎児の脳や神経が作られるのは、妊娠3か月目まです。

この時期に葉酸の摂取が不足すると先天性異常のリスクが高まります。

妊娠初期はお腹のふくらみが目立たないため妊娠に気が付かず、葉酸サプリの摂取が遅れてしまう可能性があります。

妊娠3か月を過ぎてから慌てて葉酸サプリを飲み始めても遅いです。

そのため、妊娠前から葉酸サプリを飲んでおく必要があります。

海外の研究では、妊娠1か月前から妊娠12週目まで毎日葉酸400μg摂ると神経管閉鎖障害のリスクが70%減ると報告しています。

妊娠を考えている女性は妊娠1か月前から葉酸サプリを飲んでおくと健康な赤ちゃんが生まれる可能性が高くなります。

葉酸サプリは神経の障害の予防に効く

葉酸サプリをキチンと取れば、胎児に対して発症する危険性がある神経の障害を予防することが出来るようになります。

この障害のことを神経管閉鎖障害といいます。

これは、脳や脊椎を作っている神経管が妊娠前期の際に正常に作られなくなって発症してしまう障害のことで、色々な原因が考えられています。

この神経の障害に関しては、葉酸をきちんと摂取することによって発症のリスクを抑えることが出来るということが研究結果でわかっていますので、葉酸サプリを取ることによって重大な神経の病気を治療することが出来るわけです。

もちろん、葉酸不足が原因だけでこの症状が起こってしまうわけではありませんので、一つの予防策としてこの方法が存在するということを知っておきましょう。

葉酸のようにビタミンというのは人間の身体機能を形成したり正しく機能させるためには不可欠な栄養分であるため、葉酸にかぎらず栄養分はバランスよく摂取しなくてはならないのは当然の話しです。

その中でも特に妊娠に関してはビタミンの中でも葉酸が重要な役割を果たしているのも事実であるということを理解しておかなくてはなりません。

葉酸をとるだけで胎児の神経の形成に良い影響を与えます。


葉酸サプリの種類は??

ちまたで良く聞く葉酸サプリ、はたして何が違うのかを簡単にまとめてみました。

まずは「サプリあるある」ですが、1、価格2、味3、成分4、信頼度が違います。

価格と味は分かり易いので、一旦置いといたとして、成分に関しては少し分かりづらいので簡単に触れます。

まず、葉酸サプリといっても葉酸だけが含まれていないという点。

葉酸サプリは、主に妊婦を対象としているので、妊娠中に必要な成分が含まれていることが多いです。

ですので、この葉酸以外に含まれている成分が主だったサプリで差別化されるところです。

次に、葉酸の成分そのものになりますが、「天然」か「合成」かの違いになります。

一見、天然の方が成分として良いように見えますが、必ずしもそういう訳ではありません。

葉酸が葉物等の食べ物からの吸収効率が悪いのと同じように、「天然」と「合成」にも吸収率が異なると言われています。

ただし、国産の葉酸サプリの多くは「天然」のものが多く見受けられます。

続いて、信頼度に関しては、サプリがどういった認証や検査を経て販売されているかです。

国産の主だったサプリでは、どれも同じような認証を受けていますが、外国産に関しては注意深く確かめる必要があります。

葉酸サプリの必要性や大切さとは

妊娠を考えてる女性や、現在妊娠している女性は、葉酸の必要量が増加します。

通常ならば240μg程度葉酸を摂れていると良いのですが、妊娠中には400μg程度の葉酸を必要とします。

葉酸が不足すると、赤ちゃんの先天異常の危険性が高くなったり、神経管閉鎖障害が起きやすくなるので、大切な我が子の健全な成長を願うためにも、私は妊娠前からしっかりと葉酸をサプリメントで補っておきました。

毎日忙しかったり、妊娠中につわりや身体の怠さなどで苦しむ中、栄養バランスに完璧に気を配りながら料理したり、日々の献立を考えていくというのは現実的な話ではありません。

ブロッコリーやほうれん草などの野菜や、卵やレバーなどにも豊富に含まれてる葉酸ですが、加熱や水に弱いです。

ほうれん草をゆでたり、ブロッコリーを洗って茹でたりすると、かなりの量の葉酸が茹で汁に流れたり、熱によって失われてしまうのです。

食事で一生懸命葉酸を摂っているつもりであっても、実は食品成分表に記載された値そのままの分が摂取できていることはまず有りませんし、サプリメントに比べると、食事によって葉酸を摂取しても実は体内での利用効率は良く有りません。

体内への吸収のしやすさや確実性高く一日の必要量の葉酸を補給できる安心感を重視したかったので、私は毎日葉酸サプリを飲んでました。

水溶性ビタミンで身体に溜め込めない栄養素なので、日常的にこまめに補う必要性があるので、葉酸は葉酸サプリで補給すると便利です。人気の商品→ベルタ葉酸サプリ

栄養素を葉酸サプリで補う

私は3人子供を産んでいますが、3人とも妊娠中に葉酸サプリを飲んでいます。

妊娠したと友人に報告した時に葉酸サプリを飲むといいよと教えてもらってから葉酸サプリを飲み始めました。

葉酸サプリには必要な栄養素を補ってくれる効果があることを葉酸サプリを飲み始めてから知りました。

普段なるべきなバランスがいい食事を心がけていても、1日に必要な栄養素はきっと接種できていないと思います。

そこで葉酸サプリを飲んでいると必要な栄養素を接種できるとのことで、なんだか安心して妊娠中を過ごすことができました。

妊娠中には葉酸を接種するといいのですが、葉酸を食べ物で接種しようと思ったらものすごい量の野菜などを食べないといけなくなります。

そんなのはきっと無理だし、葉酸サプリを飲んでいてよかったなと思います。

妊娠中に何回か血液検査で貧血になったことがありましたが、プラス1ぐらいでひどくなることはありませんでした。

先生にも葉酸は積極的に摂ってねと言われたので、葉酸はやっぱり妊娠中にはいいんだと改めて思いました。

妊娠中毎日葉酸サプリを欠かさず飲んでいたので、3人とも元気に病気もなく生まれてきてくれました。

私も友人が妊娠したら葉酸サプリを勧めようと思います。